お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0276-75-5120
営業時間 平日9:00 ~ PM21:00
土9:00 ~ 14:00

HOME > 症例紹介

症例紹介


症例1 腓腹筋(ふくらはぎ)肉離れ

患者
・40代男性
・デスクワーク、テニス愛好家


受傷から来院まで
・テニスの練習中、踏み込んだ際に「ブチッ」という感覚と痛みが走る
・救急で埼玉県内の病院を受診し、松葉杖だけだされ帰られる


当院初診時所見

肉離れ

・下腿全体に浮腫みを認め、皮下出血が前脛部から、かかと付近に溜まっていた。
・腓腹筋内側頭筋腹部に圧痛と陥凹を触知できた。
・足関節の自動運動は疼痛を伴うものの可能
・疼痛により荷重不能


初期の治療
・炎症を抑える電気治療
・浮腫み改善や、足の固有受容器刺激の目的でタオルギャザー運動
・浮腫み改善のための、足趾等の求心性マッサージ
・足関節可動域確保のための、ボールエクササイズ

上記をメインに痛み等を考慮しながら、暫時すすめる。
荷重は松葉杖による、免荷から30%荷重、片松葉杖による50%荷重、杖なしと進めた。


中期の治療
・超音波による温熱マッサージ
・患部のストレッチ
・足関節の抵抗運動(非荷重位)による筋力回復と柔軟性回復
・ストレッチングボードによる柔軟性改善


後期の治療
・バランスディスクによるトレーニング
・カーフレイズ
・ジャンプエクササイズ

その他、テニス復帰を想定したダイナミックなリハビリを行う。


結果
テニス復帰を果たし、現在まで再発なし。
怪我をする前より柔軟性が高くなったとの本人談あり


症例2 腰下肢痛(ヘルニア様症状)


患者
・60代、プロの山岳ガイド


症状
・元々整形外科にて「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されていた。
・注射等の治療行うも症状変化なし
・仕事(登山)を休むほどの下肢痛、しびれ、日常生活にも支障をきたしていた


所見・考察
・立位にて凸円背
・座位にて円背、骨盤後傾位
・登山では長時間、前傾姿勢で20,30kgのリュックを背負っている事が多いため、椎間板の負担多く症状増悪していると考えたが、SLRテスト、ブラガード、スランプ、腱反射、MMT等は異常なし
・トリガーポイント疑い小・中殿筋を確認したところ、トリガーポイントに一致。
 特に小殿筋は強く症状訴えあり

(実際のMRI画像)
ヘルニアMRI1

ヘルニアMRI2

ヘルニアMRI3


治療
・押圧、Drエアにて小中殿筋のトリガーポイントをリリース
・患部ストレッチ
・ストレッチポールエクササイズにて胸郭の柔軟性改善

4~5回の治療で仕事、ADL支障なし
その後週1回程度の治療を行い1か月程度で症状消失


考察
・下肢の痛みやしびれを生じる疾患は「腰椎椎間板ヘルニア」が有名で、今回はMRIでもヘルニア像を認めた。
・しかし、画像上のヘルニアを認めるが真の原因が別にある「無症候性ヘルニア」が一定割合で存在する事も知られている。
・いわゆる坐骨神経痛を呈する疾患に、梨状筋症候群や小殿筋のトリーポイントがあり今回はこれに該当したものと考えられる。


症例3 TFCC損傷


患者
17歳女性、ピアノを全国入賞レベルで行っている


当院来院まで
整形外科にてTFCC損傷と診断、シップを処方され経過を見るが症状改善されず、ピアノを弾くことが困難


症状・所見
・背屈、回内、尺屈位ストレスにてTFCC部に疼痛再現
・前腕屈筋群の筋緊張亢進
・回内可動域低下


治療
・1週間程度の夜間装具固定
・物理療法(ハイボルテージ、超音波)
・前腕屈筋マッサージ、ストレッチ、PNF


経過・考察
・3回程度の治療でピアノ等ADLでの疼痛消失、可動域改善
・TFCCに傷がある場合経過は長期になりやすい、このケースでは一過性の炎症や周囲の腱炎等の可能性が考慮された。



お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0276-75-5120 
(スマホの方はタップで電話がかかります)
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

【受付時間】
平日9:00~12:30 15:00~21:00
※19:00以降完全予約
土曜9:00~14:00

→メールでのお問い合わせ



ページトップに戻る